サブプライムローン

 家を購入するには住宅ローンを組みますが、住宅ローンの支払いが出来なくなって差し押さえの憂き目に遭っている人は後を絶えません。それらの住宅ローンはパッケージ化された金融商品として、お化粧を施し、他のローン債権等と組み合わせて世界中の投資家に売却されています。こうしたことができるのは、住宅ローンを最新の金融技術で加工して別の金融商品に仕立てて、仕組み債権として販売できるようになったからに他ありません。仕組み債権の中には、車のローンや、消費者ローンなどもありますが、サブプライムローンで破綻寸前の住宅に住む人が支払中のローンも含まれています。それらの仕組み債には格付け会社の手によって、たいていトリプルAという最高の格付けが付与されました。

 そして、もっとも安全といわれるトリプルAの債券を渇望する世界中の金融機関、年金基金、ファンドに広く販売されました。しかし2007年夏、サブプライムローンをはじめとする住宅ローンへの不安がきっかけで金融危機が起こり、仕組み債の価格は暴落しました。当時アメリカを席巻したサブプライムの悲劇は、日本や全世界にその影響を及ぼしました。グレーゾーン金利の是正措置以降、利益率の悪化した消費者金融業者が、新たな収益源を必死に追い求める結果になったのです。

消費者金融でお金を借りるには
サブプライムローン
メインバンク制
貸金所得分配
金融ビジネス

Copyright © 誰でも借りれる金融 All Rights Reserved.