誰でも借りれる金融、必ず借りれる消費者金融

絶対借りれる

不特定多数の人間に対して「誰でも借りれる」といった表現は明白な誇大文言に該当してしまいますが、一定の条件をクリアする人であれば、「誰でも借りれます」「絶対借りれる」といった表現は正しいと思います。

お金の借入先を探している方の大半は、複数の金融業者へキャッシングの申し込みをしたものの、審査に通らなかった人かと思います。必要な時に借りれない憤りは経験した人間にしか分からないでしょう。今後審査に落とされないためにも審査に通らなかった理由を分析しておく必要があります。

審査に通らない理由は以下の項目に該当するはずです

  • 0他社からの借入件数が多い(多重債務)
  • 0借金総額が年収の三分の一以上(総量規制)
  • 0過去に自己破産や支払いの遅延を繰り返していた(ブラックリスト)
  • 0収入がない状態(無職)

多重債務については、量にもよりますが概ね借入件数が3件以内であれば大手消費者金融でギリギリ審査に通るかと思いますが、それ以上の借入件数ですと大手だと審査で落とされるケースが出てきます。そういった場合、大手を回避して中小の消費者金融を選択することで、審査に通る可能性が高くなってきます。

大手カードローンの新規借入件数割合

また、借入総額が年間の収入における三分の一を超えてしまっていれば、総量規制によってそれ以上の借入はストップされてしまいます。多重債務者への融資を抑制することで破産者を出さないようにする規制です。過去五年以内に債務整理等をしたことで信用情報センターのブラックリストに登録されている方も、審査には通りません。

誇大広告、タイトル騙しの広告に要注意

ネット上には無数の誇大広告が溢れています。中でも多いのが、「確実に借りれる」「誰でも借りれる」といった、如何にも容易に借りれるかのようなタイトル付けをして、融資を勧誘しているサイトです。しかしこういった種類の広告の大半は、申込者が保有しているクレジットカードを利用させて商品を購入させ、それを買い取るといった手法(クレジットカード現金化)です。

しかしこれはキャッシングでも何でもなく、しかも違法行為の一環です。大切なクレジットカードを喪失した挙句に借金の上乗せをする結果になることは目に見えています。

騙しの広告例

現実的な金策とは、可能な限り審査基準のゆるい消費者金融を探すことです。そうすることで、審査に通る可能性が高くなり、融資を受けることも現実となります。

以下の図は借入件数に応じた融資先の一覧表です。

借入件数に応じた融資先一覧表

上記の図表が示すように、借入件数が多くて審査に通らない人に残された融資先は、マチキンや零細規模の金融業者ということになります。

審査に通る自信のある方

借入件数が3件以内で借入総額も年収の三分の一以内の方は、何も血眼になって借入先を探す必要はないでしょう。大手銀行カードローン(アコム、プロミス、アイフル)でも、中小規模の消費者金融でも問題なく審査は通るはずです。

特に以下の審査項目に問題がなければ、ほぼ100%の確率で誰でも借りれます。

  • 0現在の借入件数が3件以内 (三件規制による過剰融資の制限)
  • 0現在の借入金額が年間所得の三分の一以下(総量規制)
  • 0正社員(支払い能力)
  • 0勤続年数が3年以上(信用)
  • 0自己破産や滞納歴がない(ブラックリスト)

借入件数が3件以上の場合

借入件数が3件以上になると、大手消費者金融では審査に通らないケースが増えてきます。そういった多重債務者への融資は、金融業者にとっても高いリスクとなるからです。

まず、大手消費者金融は不可能なので、選択肢から除外しましょう。そして当サイトがピックアップしている中小の金融業者で審査に通らないようなら、中小規模のローン会社もあきらめましょう。

そうなってくると、残された融資先は多重債務者向けの融資を専門としている業者です。こういった金融業者は表には出ていませんので、ご存知でない方も多いです。

但し、この種の業者は昨今からの取り締まり等によって、その数は減少しており、サイトへのリンクも繋がらないケースも多くなっています。


消費者金融一覧 区切り

もしも審査に通らなかった場合

残念ながら審査に通らなかった場合は、なぜ審査に通らなかったのかを冷静になって分析してみる必要があります。審査で落とした理由を金融業者に聞いてみても絶対に回答はしてくれません。せいぜい「残念ながら今回のご融資は見送らせていただくことに」程度しか答えてはくれないはずです。

上述したように、審査に通らない理由で一番多いのは借入件数が多いことでの支払い能力不足と認識されることです。もしも実際に借入件数が多いのであれば、多重債務が審査で落とされた原因ということになります。しかし、借入件数がそれほど多くないという方は、別の理由になります。

たとえば、他の業者への支払いを遅延していたり、あるいは借入総額が年収の三分の一を超えてしまっていたりとかです。必ず何らかの理由が横たわっていますので、自問自答することが重要です。その上で、どうしてもお金が必要であれば申し込んで断られた業者より、もうひとランク審査の緩い業者を選択してみましょう。

確実に借りれるlink集

Valid HTML 4.01 Transitional