消費者金融一覧

ご自分の借入状況に応じた消費者金融を選択してください。

確実にキャッシングをするためには、ご自分の現状に合致した消費者金融を選択することが重要です。高望みをせず、かといって自己評価を低くし過ぎるのも危険です。審査に落とされるのを危惧し、審査基準の甘さのみで融資先を選択するのは、条件の良くない融資先を選択してしまうことに帰結します。

下手をすれば、違法業者を掴んでいますことにもつながってしまいますので、ご自分の借りれる範囲の中で、最高の条件でキャッシングできるところを選択すべきです。借りれる範囲というのは、断定はできないものの、だいたいの予想はつきます。

  • 借入件数3件以内・・・大手銀行カードローン
  • 借入件数3件〜5件・・中堅中小消費者金融
  • 借入件数5件以上・・・中小以下の零細消費者金融

借りれる範囲の中で最高の条件で借りれる

だた、誰でも消費者金融借りれるというわではありません。絶対借りれない場合もあります。たとえば、収入がない無職の人や信用情報機関のブラックリストの登録されているような人は、どんなに審査基準の緩い金融会社であっても審査に通りません。以下は絶対審査に通らない条件のリストです。

  • 0定収がない無職者
  • 0過去に自己破産や支払いの遅延を繰り返して信用情報機関のブラックリストに登録されている人
  • 0現在の貸金業者からの借入が年収の三分の一を超えている人
  • 0住所が不定で居住先が確認不能の人

申し込みの手順

申し込み申込書記載支払い方法最終画面完了

キャッシングの申し込みは、スマホやパソコンを使ってwebから申し込む方法と、直接金融会社の店舗を出向いて申し込む方法があります。現在主流となっているのは、自宅からスマホを使って簡単に申し込みができるweb申し込みです。ただ、あまりにも簡単に申し込みが出来てしまうことで、ついつい自分の現状を顧みずに条件の良い業者を選択してしまうことには気をつけなくてはなりません。

あくまでも、ご自分の現状(借入状況、収入)に合致する消費者金融を選択することが重要です。

中堅消費者金融

中堅に属する消費者金融は全国でも一番数が多く、庶民にとって一番馴染みが深いのといえるでしょう。どんな小さな街にも必ず中小消費者金融はありますし、現在ではネットでの申し込みに対応した業者も増えてきたことから、全国対応となったことは喜ばしい限りです。審査基準は大手と比較すると格段に柔軟なので、少々債務を抱えているような方でも審査に通るはずです。

中堅
 平均金利  12.0〜18.0%
 審査基準  柔軟、大手より甘い
 融資対象  大手で融資不可の方
 即日融資  可能
ライン

中小以下の審査基準が緩い零細消費者金融

昭和の時代にはこういった規模の小さな個人経営の零細消費者金融が街のあちこちに点在していましたが、現在ではこういった零細業者は少なくなってしまいました。動物にたとえると絶滅危惧種といったところでしょうか。審査基準においては、中小の業者よりも甘いのは当然のことで、極甘審査ファイナンスとも呼称されることもあります。

零細消費者金融
 平均金利  18.0%〜
 審査基準  甘い、極甘
 融資対象  多重債務者
 即日融資  可能
ライン

低金利の大手カードローン

現在国内には約1700の消費者金融が存在していますが、その中で大手に属するのは「レイク」「モビット」「アコム」「アイフル」「プロミス」の5社と言われています。いずれもメガバンクの系列になっていますので、資本においては他の金融業者を大きく引き離しています。低い金利での融資や他の金融サービスにおいても他の業者の追随を許していませんので、借りれるものなら大手カードローンを利用したいものです。

大手消費者金融
 平均金利  3.0〜15.0%
 審査基準  普通、厳しい
 融資対象  借入件数3件以内、健全者
 即日融資  可能
ライン