クレジットカード現金化

クレジットカード現金化の正体は買取屋

ネット上で「絶対無審査で借りれます!」「審査が無しでキャッシング可能!」といったような、如何にも審査無しで借りえるかのような広告、あるいは文章を記述しているのは、ほぼ100%クレジットカードを利用させた現金化がその正体です。

つまり現在保有しているクレジットカードで商品を購入させて、その商品を7割程度の現金で買い取るという買取業者です。また、そういった買取屋を紹介して手数料をせしめようとする紹介屋もネットで多数存在しています。

クレジットカード現金化

まった割に合わない買取

10万円の商品をクレジットカードで購入して10万円で買い取ってもらえるわけではありません。せいぜい7万円がいいとこで、足元をみられると半額くらいの買取価格を提示される場合もあります。

こういった現金化を目的としてクレジットカードで商品を購入することは、間違いなく違法行為なのですが、買取業者は巧みな手口を使って違法行為に当たらないようにしています。また、利用者のほうもどうしても現金が必要な現実の中で、こういった違法行為と知りながら損を承知で手を出してしまっているのです。

かつてはこういった現金化の業者が大手を振ってさも金融業者のような顔をして跳梁跋扈していたものですが、彼らは金融業者でもなんでもなく買取業者です。しかも現在では法律で規制されていますので、違法業者ということになります。

クレジットカード現金化の危険性

カード会社からの請求がくればジ・エンド

クレジットカードを使ってなんとか現金を手にしたものの、二か月後には当然のようにカード会社から請求がきます。その際の請求が出来なければ、クレジットカードが利用できなることはもちろんのこと、信用情報機関のブラック情報に登録されてしまうことに帰結します。そうなってくると、いよいよ金融業者との取り引きもできなくなってしまいます。

そのような事態にならないためには、クレジットカードを利用した現金化には絶対手を出さないことです。もしも手を出してしまったならば、せめて支払い方法は一括ではなくリボルビング均等にしてとにかく支払いが履行できるようにしておきましょう。

どうしても現金が必要な場合

クレジットカードを使ってまで、どうしても現金が必要な場合は、買取業者や紹介屋を通さずに自分でやることです。知識がない人を狙って買取屋や紹介屋はさも裏のテクニックがあるように見せかけて高い仲介料や手数料をせしめているわけです。知識さえあれば、いとも簡単にできますし無駄な仲介料や手数料を支払わずに済みます。

まずクレジットカードと振込を希望する通帳を手元に用意します。その上で、Amazonのサイトへアクセスし、ギフト券のページへ入ります。ギフト券をクレジットカードで購入するわけですが、現金が5万円必要ならば6万円のギフト券を購入、あるいは10万円の現金が必要ならば11万円のギフト券を購入します。

ギフト券の購入の仕方は、必ず「メールタイプ」を選択します。模様等は何でも構いません。メールアドレスは必ず自分の名義のものを指定します。11万円分の購入ならば、3万円×3枚、2万円×1枚といったように数枚に分けます。購入の決定をすると、だいたい1時間〜6時間くらいで指定のメールアドレスにギフト券が送られてきます。

メールアドレスにギフト券が送られてくれば、それを買取業者で買い取ってもらいます。買取業者は検索で「amazonギフト券 買取」で何件がヒットしますので、一番買取率の高い業者を選びましょう。どの買取業者も即日で振り込んでもらえます。